関西の賃貸物件の敷引き制度

関西で賃貸物件を借りる場合、保証金という事前費用が発生します。保証金とは、大家さんに預けるお金のことです。

関東では敷金と呼ばれる初期費用にあたります。

賃貸の専門知識を身につけましょう。

保証金は、家賃を滞納した際や部屋の修繕が必要な際に使われるお金です。


そのため家賃滞納などの問題がなく、保証金を使う必要がなかった場合は退去時に返還してもらえるお金でもあります。


ただし敷引きというシステムにより保証金の一部を差し引く制度がありるため、敷引き分は返還はされません。
目安ですが、保証金は家賃の5か月~10ヶ月分程度発生し、そのうち敷引きは家賃の2ヶ月~5か月までです。



敷引きは最大で5か月までとしており、基本的には家賃の3.5倍まで程度しか差し引かれることはありません。


保証金から敷引き分を差し引き、残った保証金が家賃の滞納分や修繕費用に充てられることになるでしょう。


法外な敷引きは無効にできるので、おかしいと思ったら法律家に相談してみることも必要です。

しっかりとした賃貸情報を楽しくお得に利用しましょう。

過去には裁判沙汰にもなっているトラブルなので、契約内容を理解して、契約時にはお互い納得できる交渉をしておくことが大切です。


また、覚えておきたいのが、賃貸契約で争点となるのが契約書の内容です。契約書は賃借人のものなので、をきちんと保管し、賃貸人から返還を求められても応じてはいけないことも覚えておく必要があります。

ただし、適正な敷引きに関しては異を唱えても返還の主張は通らないと思った方がいいでしょう。