賃貸物件の契約で必要な事前費用

賃貸物件では契約の際に事前費用が発生することがあります。

事前費用の役割を知り、必要な費用と必要ではない費用を見極め物件選びに役立てましょう。初期費用には前家賃、礼金、敷金、仲介手数料、火災保険料、鍵の交換費用があります。このうち、削減できるのは礼金、敷金、仲介手数料、鍵の交換費用になり、必ずといっていいほど発生するのは前家賃と火災保険料です。

賃貸物件では家賃の支払いは1ヵ月前倒しで払うのが基本なので、入居月の家賃を初期費用として支払っておく必要があります。

月途中からの入居の場合は日割りした家賃の支払いになるでしょう。



火災保険は賃貸物件では加入が義務付けられており、通常は次回の更新までの2年契約分の保険料をまとめて支払います。

礼金は、大家さんに部屋を借りることに対するお礼のお金です。支払いが義務付けられているわけではなく、物件または地域ごとの風習により変わります。
敷金は、問題が生じた場合に補償する大家さんへの預け金です。



家賃の滞納や原状回復に充てられ、使わなかった敷金は退去時に返還されます。

関西の場合は礼金はなく、敷金の代わりに保証金が発生します。



保証金の一部は確実に引かれる敷引きというシステムがあり、敷引き外の保証金は返還可能です。

仲介手数料は、不動産会社を仲介して物件を探した時に支払うため、大家さんと直接契約すれば発生しません。

鍵の交換費用は、そのまま鍵を交換するために発生した費用ですが、物件によって徴収は変わります。