経済や政治と不動産の関係

不動産は経済の一部であると言っても良いでしょうし、政治とも大きく影響しています。政治家が土地をたくさん持っているという意味ではなくて、政治によっていろいろな事が変わるからです。

たとえば、景気対策の一環として住宅ローン減税が行われることは良くあります。



また、住宅の供給を高めるために、税金の軽減措置が行われています。

このような不動産に関する政策がよく行われるのは、経済にとって大きな意味を持つからだと言えるでしょう。
たとえば、誰かがローンを組んでマンションを建築したとしましょう。


この場合、まず銀行などの金融機関が動きますし、マンションを建築する業者も動きます。

他にもいろいろな人が動くことによってお金が回るようになり、GDPの押し上げ効果なども期待できて日本の経済は活発に動くと考えられるのです。



かつて、低金利政策を行ったときには、不動産の需要が非常に高くなりました。
そして活性化したことによって日本の経済が活発になりすぎ、それが逆に悪影響を与えたことがあります。

それがバブル景気と呼ばれる時代です。



政策を間違えば大きな問題を発生させることもありますから難しいところなのですが、影響が大きいという意味では、不動産は重要なものの一つだと考えられます。

経済を活性化させるために政治家はいろいろな方法をとりますが、そのためのものとして不動産は非常に便利ですから、いろいろな政策に取り入れられていると考えられます。