アベノミクスによって活性化した不動産

アベノミクスによって不動産は活発に取引されるようになったと言えるでしょう。


これには二つの大きな要素があると考えられます。

一つは金融緩和です。



市場に低い金利を定着させることによって企業の設備投資を促すことができます。

それが経済を活性化させることを期待して金融緩和が行われています。
また、金融緩和による円安誘導も重要な要素の一つです。
これは財政出動とともに経済を刺激する可能性が高くなります。

財政出動などの方法によって景気が活発になることも不動産への影響は大きいです。


景気が活発になれば不動産に対する需要も増えます。

たとえば、起業しようという人が現れてくればどこかに事務所が必要ですから、オフィスビルとしての需要は高くなると言えるでしょう。

また、そこで働く人が裕福になっていけば、高い賃料でも入居者を見込めるでしょう。



金融緩和によって金利も低下していますからローンを組みやす常用が続いています。

アベノミクスはどちらかというと大企業優遇策だと言われるようなこともあったようですが、不動産に関しては大企業だけではなくて個人でも恩恵を被ることができます。このような状況がいつまで続くのかは分かりませんが、いつまでも続くことはないと考えられます。

本格的に景気が回復すれば、当然のことながら政策は変更されるでしょうから、不動産へ投資しようと考えているのなら、現在は投資をするために非常に適した状態であることは認識しておかなければなりません。