戸建て住宅を賃貸する場合は注意が必要

不動産物件をいくつか持っていたり、今は住んでいない住宅を不動産投資として、賃貸して家賃収入を考えている人は多くいます。戸建て住宅を他の人に賃貸する場合はいろいろと注意しなければならないことがあります。



戸建ての住宅を賃貸する場合、その大きさにもよりますが、大抵戸建て住宅を借りようと考える人は子供がいるような家族の世帯であることが多いです。

家族世帯に戸建てを貸す場合は、基本的に不動産会社を通すことになりますが、できればどんな人、家族が借りることになるのか会うことをお勧めします。戸建て物件の場合、住宅街であることが多く、その貸し出した人の住み方によって、近所からクレームが来ることもあるからです。

できるだけ早く、高い家賃で借りてくれれば家主も不動産会社もそれほど喜ばしいことはありませんが、近隣住民からクレームがあったり、悪評判となってしまうと、それは全て家主のイメージになってしまうことが多いです。

特に以前住んだことのあるような物件であればなおさらで、近所の人が直接家主に連絡してくるケースも少なくありません。
戸建ての場合の賃貸は予期せぬ出来事が起こりえる為、できるだけ信頼のおける不動産会社に仲介してもらいことをお勧めします。



戸建ての場合、子供が壁紙を汚したり、フローリングを傷つけられたり、いろいろな場所を壊されてしまうこともあります。また、戸建ての場合はペットを飼う人も少なくありません。



そのペットによる問題もありますので、注意することが大切です。