人口減少でも不動産への投資を初めて大丈夫なのか

人口が減少しているような状況の中で、不動産への投資を始めても大丈夫なのかと心配する人は大勢いらっしゃいます。
いつの時代にもそうなのですが、確実に儲かる手法というのはありません。


不動産においても同じ事が言えて、絶対に大丈夫だというほうはどこにもありません。

日本の人口が一様減少しているのなら、今始めるべきではないでしょう。



しかし、現在は減少していると言っても、二極化がになりつつある状況です。二極化というのは、人口が増える地域と減る地域との格差が増えている状態を指します。都市部では人口が増えつつあり、地方では減少しつつあるというのが現状だと言えるでしょう。
地方創世などと政策を立てていることからも分かるように、地方では人口減少に歯止めがかからない状態になっていて、何らかの策を練らなければ危険な状態だと考えられるのです。
人口は全体的に減少していることは否定できませんが、それでも地域によっては人口が増えているところもあります。

このような状況で不動産への投資を始めるのであれば、人口が増えているところで行うのは当然のことだと考えられます。

人口が増えているところなら授与は高いでしょうから賃料の安定性を確保できるケースも多いでしょう。

また、今後は不動産価格が上昇していく可能性もあります。

人口が減っているところは損逆の現象が起こる可能性がありますから、リスクの高い投資とならざるを得ないでしょう。



大丈夫なのか大丈夫ではないのかのどちらかを答えることはできません。


地域選びを間違わなければ大丈夫でしょう。