賃貸の家賃に注意する

賃貸を選ぶときは、いろいろなことに注意しなければなりません。

その中で、特に重要な要素は、家賃です。

家賃の高すぎる賃貸だったら、生活が苦しくなる場合があります。
賃貸の家賃は、自分の月の収入の三分の一以下が理想です。

例えば、月の月収が18万円の方だったら、6万円以下のところを選ぶ必要があります。

1ヶ月の収入がそれほど多くない場合は、できるだけ家賃が安い物件を選びましょう。

安ければ、安いほど生活がしやくなります。

家賃以外にも、お金を使わなければなりません。
急に病気になって、思わぬ出費が必要になることがあります。
このような時に備えて、手元にお金をある程度残しておかなければなりません。

家賃を低く抑えられたら、貯金が可能になります。



マンションとアパートでは、アパートの方が家賃は圧倒的に安いです。



アパートでも、それほど古いものでなければ、快適に暮らせます。

場所によって異なっていますが、アパートだったら東京でも家賃が3万円台のことがあります。

ただし、そのような物件に入るときは、念入りに下見をしましょう。傷んでいるところがないか調べたり、異臭がしないかチェックします。

また利便性も調べるようにしましょう。

近くに駅があることや買い物に行けるスーパーやコンビニがあることが、ポイントになります。



家賃の安い掘り出し物の物件は、街の小さな不動産屋が得意にしています。ネットだけに頼らずに、実際の店舗にも行って情報を集めましょう。