賃貸物件から退去する時は不動産管理会社に連絡しよう

不動産業者が扱うアパートやマンション、貸店舗、貸事務所等の賃貸物件は、初めに賃貸借契約を締結して毎月所定の家賃を支払うことで住めるようになります。
毎月一定の家賃を払っていきますが、万一支払いが遅れたり滞りがちになると借りている賃貸物件から退去しなければなりません。
自分から退去する場合は契約書に記載されている通りの手順で進めていきます。



賃貸物件を借りる時に不動産会社の方で契約を行っているので、契約書の一通を保管しているはずです。



契約してから一度も目を通していないという方は少なくないでしょう。

退去の連絡は一般的には一か月前までとなっていますが、物件によってはそれよりも早く連絡しなければならない場合もあります。

賃貸物件が不動産管理会社ではなくオーナーが直接管理を行っている場合は、オーナーの方に退去の申し出を行います。

賃貸借契約を解除することになるので、書面への署名が必要になることもあります。
退去する際の流れとしては初めに退去の連絡を行いますが、引っ越しの段取りができてから連絡することをおすすめします。自分で決めた引っ越し日に業者の予約が取れない場合があるからです。

引っ越し業者が混み合うシーズンになると土曜日や日曜日といった週末の予約が取りにくくなります。



一つの業者で予約が取れない時は他の業者でも難しいことが多いので、確実に予約が取れてから退去の連絡をしましょう。

後から退去日を変更しようとしてもできない場合があります。