賃貸物件の選び方と注意点

賃貸物件を選ぶときには、いくつかの条件があると思いますが、すべての条件をクリアできる物件を見つけるのは難しいため、予算にあわせて妥協することも大切です。

インターネットや雑誌、不動産会社で提示される図面で見る物件と、実際に見る物件とでは大きな差がありますから、きちんと内見して決めることが大切です。


良い物件というのは、内見するチャンスが多ければ多いほど、理想に近い物件が出てくる可能性が高くなります。



ただ、この方法では、膨大な時間を費やしてしまいますから、いきなり不動産会社に行くのではなく、検索サイトを利用して、家賃や間取り、立地場所などの条件を入力して、できるだけ理想に近い物件に絞ることが大切です。
ここで注意しないといけないことは、賃貸物件は、複数の不動産会社の検索サイトによって、紹介されていますから、複数の検索サイトを利用して、同じ条件で物件を検索することが大切です。
検索サイトで紹介されている賃貸物件というのは、売れ残りの物件か最新の空き物件の2種類があります。

最新の空き物件は激戦区となりますから、早い者勝ちとなり、すぐに決まってしまいますから、80%程度気に入っていれば、内見の予約を入れて早めに判断することが大切です。



また、検索結果に出てくる物件は、客引きの物件ではなく、実際に存在する空き物件ですから、まずは検索サイトを利用して理想の物件を探しましょう。


内見の時は、不動産会社の担当者とあえる機会ですから、サイト上の情報以外にも、気になる点はきちんと確認しておきましょう。