法律上の不動産の定義

不動産という言葉は何の違和感もなく使いますが、そもそも不動産という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。


法律的な観点から考えますと、法律上の「物」の中での土地とその定着物を指して言います。法律上の物とは何かと思いますが、民法では「物とは、有体物をいう」と定義されています。


ですから、固体や液体気体の中のどれかに属するのであれば、それは法律的には物ということになります。

その「物」の中で、土地とその付着物が不動産というわけです。



不動産という言葉がありますから、当然動産という言葉もあります。


法的にはこの二つの取り扱いは全く異なります。


それでは土地とは何でしょうか。


一定の範囲の地面に加え、空中そして地中を包含したものというのが法的な考えに沿った土地といえます。
もちろん空中や地中といっても無限に認められるわけではありません。

合理的な範囲内での地中と空中となります。

では土地の定着物とは何でしょうか。


それはその土地に付着されているものです。

その定義に加えて、その土地に継続的に付着されて使用されているものが付着物ということになります。



簡単な例で言うと建物がその付着物ということになります。そのような考えに沿って考えるならばある土地に建物が建っている場合、不動産は幾つあるかというと二つということになります。

この土地と建物は別々に扱われるということになります。

さらに、植えられている木も付着物となります。



土地とは別個に扱われるということもあります。