不動産への投資とマーケットリスク

アメリカがくしゃみをすると日本が風邪を引くと言われたことがあるくらい、日本はアメリカの経済に頼っている部分が大きいと言わざるを得ません。


アメリカが風邪を引いたら日本はどうなってしまうのでしょうか。



アメリカで金融の問題が発生して世界を巻き込んだのがかの有名なリーマンショックです。


日本の経済は輸出に頼っている部分が大きいために、外的要因には弱いと考えられます。

そのため、アメリカでなくても、どこかの国で起こったことが日本の経済を混乱させることもあるのです。

不動産は外的要因に強いと言われることが多く、たとえばリーマンショックの時でさえ家賃収入は減らなかったと言われることがあります。


他の資産と比べると外的要因には強いと言えるでしょう。

それを考えれば、マーケットリスクの小さい投資先として優れていると考えられます。

全く影響がないと言うことはありませんが、比較的強いと言っても良いでしょう。

ただ、注意しておかなければならないのが金利です。



変動金利でローンを組んで不動産を取得する人は多くいますが、世界の状況が変化したときに金利が上昇するリスクは考えておかなければなりません。



賃料収入にあまり変化がなかったとしても、金利が上昇することによってキャッシュフローをショートさせてしまう可能性は否定できません。

特に日本の財政問題を考えれば国債が売り込まれて金利が浄書する可能性は否定できないのです。不動産のマーケットリスクは小さいと考えられますが、これは手法によって異なります。