不動産会社の選び方について

不動産の取引は、多くの人にとって金額も大きく、一生の間に数えるほどしか経験することのない大きなものです。


また、契約や登記の手続きと費用、それぞれの税金など、取引自体の金額が大きいだけに付随費用も数万から数十万、時には百万円を超えることもあり、専門家のサポートが不可欠です。

不動産取引の専門家として、媒介や取引のサポートをしてくれる不動産会社は、大きく分けて三種類に分類することができます。
地元密着の老舗タイプは、地主の信頼が厚く、大々的に売り出さないが、価格次第で売ってもいいというような未公開情報が集まる可能性が高いのが魅力です。
鉄道沿線や特定の地域の中堅不動産には、その地域に限定して物件を探す人が売り手も買い手も集まります。



また、全国展開の大手では、地域をまたいで幅広く物件情報があるため、物件を売却して他の地域に購入するなどの場合に効果的です。



ケースに合わせた不動産会社を利用することが、取引をスムーズに行うためには不可欠ですが、経験が少ない取引だからこそ、相談相手を一社に絞るよりも、複数の会社に相談して、情報を比較するのがおすすめです。

相談の中で、自社の利益よりも、取引の当事者であるお客さんの立場に立った助言をしてくれる会社を見つけたら、その担当者の相談内容を軸にして、他社の説明を比較することで、失敗のない取引ができます。



不慣れで金額が大きい取引では、相手のいうことに疑心暗鬼でもいけませんが、プロのいうことでも人によって説明内容が変わることもあるので、情報リテラシーが大切です。