賃貸の家賃の交渉は可能

賃貸を探している時に、もう少し家賃が低ければと思うことがあります。


そんな時は、家賃を下げる交渉をしてみましょう。



それが難しい賃貸もありますが、可能になることもあります。

家賃の交渉をするときは、まずその地域の相場を調べてみます。

これはネットを使えば、すぐに分かります。
ネットで相場を調べて、借りたいと思う賃貸の家賃が高い時は、交渉可能になります。不動産会社か大家さんに、その地域の相場を話して、安くしてくれるように頼みます。別の方法もあります。



その賃貸を下見して、マイナスの点を調べます。
見つけやすいのは、日当たりです。
近くのマンションのせいで日当たりが悪かったり、北向きの部屋で日当たりが悪い場合は、それを交渉の材料に使うことができます。

他にも、老朽化や部屋の中の傷みを指摘して、家賃を下げてもらう方法があります。

立地を交渉の条件にすることもできます。

これはうまく行きやすい方法です。


例えば、不便なところにある物件だったら、家賃を下げてもらえる場合があります。
このような場合は、会社への通勤時間が長くなることを言ってみましょう。



ずっと空き家になっている物件だったら、家賃の交渉はしやすいです。


空き家のままだと、不動産屋にも大家さんにも不利になるからです。

いろいろな不動産のサイトを見て、いつも物件の情報が掲載されているマンションやアパートを探してみましょう。

自分の経済的な事情を話して、下げてもらう方法もありますが、これはうまくいかないこともあります。